世代別の立ち振る舞い - 20代編


20代の君へ

このサイトを見ているあなたが、もし20代なら、彼女が欲しいと思う感情の反面、それを推し進められない感覚に経済力があるかもしれません。

デートをしてもかっこいい服が着ていけない、美味しいレストランに連れて行ってあげられない。
割り勘になるのは悪いから、、、

などと、彼女にカッコ悪い自分を見せたくないと思うあまり、最初から出会いを避け、巡り合わせをないがしろにしてしまっているかもしれませんね。
そうなると何を考えるかと言うと、お金がなくてもモテる自分を演じようとするので。

つまり、外見を磨いて女性から声をかけたくなるようなイケメンに、または割り勘であろうがそんなものはなんら影響しない程のいい男になろうと思います。


しかし残念ながらこの考え方は改めるべきです。
なぜなら経済力は女性が交際する相手に求める必要条件だからです。

それを言っちゃおしまいよ、、、と思うかもしれませんが、そうでしょうか。
そもそも経済力とはなんでしょう。


人にはそれぞれの豊かさの基準があります。
毎週銀座のお寿司を食べ、エステに通う、さらに1年に4回は海外旅行に行きたいと言う女性もいるでしょうが、旅行は年に1回で十分という人もいます。

経済力に思いを巡らす時、それはあなた男性側の理想を投影しているのです。
自分の理想的な年収でなければ、女性は満足しないだろうと思うわけです。

例えば今の自分が年収300万円だったとします。
しかし、理想は800万円。
その際、女性もきっとそれくらいは無いと満足しないはずだと考えるのです。


そしていざ800万円の年収になれば、生活レベルやお付き合いする女性のレベルも上がりますから、新しい目標が設定され、きっと女性は年収1500万程度でなければ満足しないだろう、、、2000万円でなければ、、、と次々にハードルが上がるのです。

この連鎖はどこかで断ち切らなければなりません。

女性は年収300万円が嫌だと言っているわけではないのです。
今年収が低くても貯金がなくても何ら問題はありません、重要な事は将来性です。

あなたが将来大成するような兆しがあれば、女性はあなたについてくるでしょう。
20代は若さ、つまり可能性の宝庫です。

それを最大の武器にして恋愛活動してください。
今の自分は貧しいが、将来必ず君を幸せにすると真剣な眼差しで伝えれば、女性は落ちてしまうでしょう。




筆者についてモテるとは?女性が求める男性像笑顔の重要性話を引き出す話術
会話術具体例20代のモテ法30代のモテ法40代のモテ法年収とモテの関係素敵な別れ方
Copyright(C)モテる男への道. All Rights Reserved.